1
2
3
4
5/231



2017年09月05日 08時01分
Loading the player...
    昨日甘野老餃子の、材料の、甘野老の生産者をたづねた その帰り、新線の電車に乗り20分金城埠頭にある、この館 に行って来た日本の国の鉄道に賭ける、発展は凄いなあと感じた、山梨県にある実験線の 試乗会に前二回申し込んだから当たらず今回も申し込んだが多分当たらないと 思って一度行って見たいと思っていた所、思い かなった、リニアア がどうして走るのか実際、シュミレーションで体験して見て、体で味わって来た、品川駅から→40分で名古屋駅到着ですとの事、ビックリしたのはこの博物館経営が名古屋市でした、知り合いの 河村たかし市長が800/年の俸給てこんな事まで、頭が下がりました面談したいと思い電話したら今日は深夜迄10分も空きなし、まあ此の17日には山北の河村城祭りに、来ますのでその時いろいろ教えをいただきます、動画3分です浮いて走るところも有りますよ。



    2017年08月30日 14時07分
    Loading the player...
      30羽近くのアヒルが居ますかそれぞれですね池で泳いでいる 子達、滝壺て遊んでいる子達道路でお客様の触れ合っている子達いろいろです池の淵でジッとして居るアヒル 何を考えて居るのかな少し大きくめのもの小型のものいろいろです。



      2017年08月26日 10時19分
      Loading the player...
        今日 8月30日二宮神社の大鳥居を新しく建設してその式典がお濠端道路を交通規制して開かれた、地元産のヒノキ300年の大鳥居の材料が地元で調達できる事すごいです、関係者集まって式典1tも有るこの鳥居の一番の上の部分を子供達が主体で 正面入口に引いて運んだ伝統の古式にちなんだ一連の儀式は感動的でした、祭典に花を添えた鳴り物太鼓隊わ何と熟女のご婦人だった、小田原にはいろいろな方が住んでいらっしゃると思いました送って会社に戻りましたが今頃もう立ち終わったでしょう



        2017年08月26日 00時52分
          先ず勧進元のJCの 杉崎会長 ご苦労様でした、貴方の羽織はかま姿カッコ良かったよ、一連の催事の内容も文句なし、加藤市長も言ってましたがあのアリーナー会場に5,000人以上入ったのは初めてでしょう、其処までは良くやった???千秋楽の後です会場から出るのに30分も掛かったもう一つアリナー駐車場から出るのに60分掛かったボランテァの方達は大勢居たがこの混雑の対処無しタクシーに乗って60分動かなかったらどうなるか??私も黙って居られず献血車の横の鎖付きポールを下げて後ろ側から数10台出してあげたやはりこれだけの一大催事やるに付いては最後までの事考えないと完成しませんね、写真は相撲甚句です此れと初切(しょっきり)が面白かった本場所のテレビでわ映らないからね来年も開催云々言ってたが全て解決しないとね、余りにもお相撲さん第一主義を貫いた結果と思慮する、課題は有りますね反省会で良くもんで下さい万葉倶楽部 会長高 橋弘。



          2017年08月24日 22時42分
            先ず勧進元のJC会長の 杉崎さんご苦労様でした貴方の羽織はかま姿カッコ良かったよ催事の内容も文句なし加藤市長も言ってたよう このアリーナーに7,000席まあ80%入ったとしても5,000人以上でしょう、史上最高の賑わいでした、そこまでは褒めておきます、千秋楽の後です会場を出るのに30分掛かった、もう一つアリーナーの駐車場から外に出るのに60分掛かった、ボランテァの方達は大勢居たがこの混雑時何も出来ない、右往左往でした来年も 開催云々言ってたがもうゴメン10年に、一度ぐらいでちょうど良い、もし来年開催してもこの体たらくならもう行きたく無いと誰しも思いますよ炎天下車の中に60分閉じ込められたら誰しもがそう思いますよ、矢張りこの事はJCの若者が考え及ばなかった事だろう家から出て帰った時今日一日中楽しかったと 云えるようにしないとね、いつも手厳しい私の感想です反省会で酒飲まずじっくりと反省して下さい。





            1
            2
            3
            4
            5/231

            1-5/1151

            高橋 弘さん プロフィール

            昭和10年7月10日(1935年)静岡県熱海市生まれ。 静岡県三島南高等学校卒業後、家業である高橋酒店の仕事に従事する。 昭和32年アルプス写真(現:日本ジャンボー)を創業。 平成9年万葉倶楽部を設立 15ヵ所の温泉・宿泊施設を築き上げ、いずれも活況を呈している。 神奈川県湯河原町の”本物の温泉”を東京など他都市で提供するなど、新機軸の数々を織り込んでいる。





            本の中身を見る
            本の中身を見る


            管理モード